櫻井 勝康Katsuyasu Sakurai

所属:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構

研究テーマ

基礎生物学

脳内における心身の内部状態と外部状況(環境や刺激)との相互情報処理

01 研究概要

 我々ヒトを含めた生物は、刻々と変化する内的状態(身体、生理、精神状況など)および外的状況(環境)や刺激に対して、意識的、もしくは無意識的に適応することによって生存しています。例えば、満腹状態では意識されなかった食物に対して、空腹状態では注意、欲求が増します。私達の研究室では、脳内で相互に作用するであろう内的状態(例えば睡眠覚醒状態)と外的状況・刺激に関わる情報が脳内でどのように処理されているのか、そのメカニズムに迫りたいと考えています。現在は、味(味覚)や痛みの情報が脳内でどのように処理されるのかを多階層的(遺伝子、細胞、神経回路、行動)に理解するような研究を立ち上げようとしています。

研究室サイト

02 主な論文

Rodriguez E, Sakurai K, Xu J, Chen Y, Toda K, Zhao S, Han BX, Ryu D, Yin H, Liedtke W, Wang F. “A craniofacial-specific monosynaptic circuit enables heightened affective pain” Nature Neuroscience. 2017, 20(12), 1734-1743.

Sakurai K, Zhao S, Takatoh J, Rodriguez E, Lu J, Leavitt A, Fu M, Han BX, Wang F. “Capturing and manipulating activated neuronal ensembles with CANE delineates a hypothalamic social-fear circuit” Neuron. 2016, 92(4), 739-753.

Sakurai K, Akiyama M, Cai B, Scott A, Han BX, Takatoh J, Sigrist M, Arber S, Wang F. “The organization of submodality-specific touch afferent inputs in the vibrissa column” Cell Reports. 2013, 5(1), 87-98.

03 経歴・受賞歴

経歴

2008年3月 東北大学大学院医学研究科 修了(Ph. D in Medical Science)
2008年4月-2008年10月 東北大学大学院医学系研究科 博士研究員
2008年11月-2013年10月 デューク大学メディカルセンター 博士研究員
2013年11月-2017年6月 デューク大学メディカルセンター 上級研究員
2017年7月-現在 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 助教

受賞歴

2008年 東北医学会奨学賞
2013年 Duke University, Department of Neurobiology, Graduate Program Retreat, Best poster presentation award

もっと知りたい!Q&A もっと知りたい!Q&A

なぜ研究を志したのですか?

海外で生活してみたかったから。なんとなくかっこいいと思ったから(今は思っていません)。

PIとしての仕事をする上で心がけていることは?

面白いことをしたい。

最近ハマっているものは?(趣味も含めて)

特にないです。