船戸 弘正Hiromasa Funato

所属:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構、東邦大学医学部

研究テーマ

基礎生物学

新規睡眠制御分子にもとづく、睡眠制御の分子機構解明

01 研究概要

マウスを用いた睡眠のフォワード・ジェネティクス研究によって新規睡眠制御分子を同定し、同定した分子群にもとづいて睡眠制御の分子機構を明らかにすることが、研究の大きな枠組みとなっています。われわれが最近見出した睡眠制御分子としては、睡眠量の制御に関わるリン酸化酵素SIK3や、レム睡眠エピソードの持続や終止に関わるイオンチャネルNALCNがあります。  多くの場合、重要な分子は様々なことに関与しています。これらの分子についても、睡眠覚醒制御だけではなく、記憶、不安・うつ、社会行動、本能行動、エネルギー代謝、老化の面から研究を進めています。

研究室サイト

柳沢・船戸研究室メンバー

02 主な論文

Hiromasa Funato*, Chika Miyoshi, Tomoyuki Fujiyama, Takeshi Kanda, Makito Sato, Zhiqiang Wang, Jing Ma, Shin Nakane, Jun Tomita, Aya Ikkyu, Miyo Kakizaki, Noriko Hotta-Hirashima, Satomi Kanno, Haruna Komiya, Fuyuki Asano, Takato Honda, Staci J. Kim, Kanako Harano, Hiroki Muramoto, Toshiya Yonezawa, Seiya Mizuno, Shinichi Miyazaki, Linzi Connor, Vivek Kumar, Ikuo Miura, Tomohiro Suzuki, Atsushi Watanabe, Manabu Abe, Fumihiro Sugiyama, Satoru Takahashi, Kenji Sakimura, Yu Hayashi, Qinghua Liu, Kazuhiko Kume, Shigeharu Wakana, Joseph S Takahashi, Masashi Yanagisawa*. Forward-genetics analysis of sleep in randomly mutagenized mice. Nature, 539, 378-383, 2016 (* corresponding authors)

Hiromasa Funato, Allen L. Tsai, Jon T. Willie, Yasushi Kisanuki, S. Clay Williams, Takeshi Sakurai, Masashi Yanagisawa. Enhanced orexin receptor-2 signaling prevents diet-induced obesity and improves leptin sensitivity. Cell Metabolism 9:64-76, 2009

Hiromasa Funato, Masahiro Yoshimura, Kaoru Kusui, Akira Tamaoka, Kin'ya Ishikawa, Norio Ohkoshi, Kazuhiko Namekata, Riki Okeda, Yasuo Ihara. Quantitation of amyloid ß-protein (Aß) in the cortex during aging and in Alzheimer's disease. American Journal of Pathology 152, 1633-40, 1998

03 経歴

1994年 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
1995年 東京大学医学部脳研究施設脳病理部門(井原康夫教授) 大学院特別研究学生
1998年 東京医科歯科大学大学院医学系研究科修了 学位取得
1998年 日本学術振興会特別研究員(PD)
2001年 東京大学医学部附属病院精神神経科医員
2003年 山口大学医学部高次神経科学(精神神経科)助手
2005年 テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター 博士研究員
2009年 東邦大学医学部医学科解剖学講座 講師
2010年 筑波大学分子行動科学研究コア 客員准教授
2011年 東邦大学医学部医学科解剖学講座 准教授
2013年 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 教授(WPI-IIIS)
2018年 東邦大学医学部医学科解剖学講座 教授

もっと知りたい!Q&A もっと知りたい!Q&A

なぜ研究を志したのですか?

わからないことを、人より早く知りたいから

小学生の頃に、大航海時代の本を読んで未知なる世界を探索することに心を惹かれました。今の時代なので宇宙飛行士になりたいと思いましたが、宇宙飛行士になるルートがよくわからなかったので、目標をきりかえました。その後、精神科医になろうと医学部に入って、気がついたら謎だらけの睡眠の世界に足を踏みいれてました。フィールドは違いますが、わからないことをいち早く知りたいという思う心は、今も昔も一緒なのかもしれません。

研究のターニングポイントとなったのはいつですか?

転機は3つありました。

一つ目は、進学した大学院に興味を持てる研究テーマがなかったので、東大の井原康夫先生のところに押しかけたこと。二つ目は、留学先を探していた時に、実験医学に出ていたテキサス大学柳沢研究室のポスドク募集に応募したこと。三つ目は、ランダム突然変異マウスのスクリーニングを始めたばかりでアーティファクトがひどく変な睡眠データばかりだった頃、一回の測定中に多数の睡眠過多マウスが出てきて、またアーティファクトかと思ったものの、全部次世代作製にまわしたこと。半年後、これらが次々に遺伝性を示していき、Sleepy家系の樹立にいたりました。  何が幸いするかはわかりませんね。

研究室の「ウリ」はなんですか?

研究内容のオリジナリティ

さまざまな「ウリ」がありますが、、現時点で胸を張って言えることは、自分たちが見つけたものをさらに自分たちが深堀りしていける研究内容のオリジナリティです。世界中のどこの研究室も追いついていないうちに、さらに新しい研究にとりかかれるので、いろんな検討をし、たくさん失敗することができますし、そのなかで成功することもできます。競争は厳しいので、そのような状況でいられるのはほんの短い期間かもしれませんが。 ちなみに、テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンターには、Brown/Goldstein labなど2人の主任研究者が同じ研究室に所属し非常にアクティブに研究を行っているラボがあり、「柳沢・船戸研究室」はそれにならっています。