チンファ・リュウQinghua Liu

所属:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構、テキサス大学 サウスウエスタン医学センター

研究テーマ

基礎生物学

睡眠と恐怖に関わる分子基盤の解明

01 研究概要

睡眠はありとあらゆる動物に見られ、生存や正常な脳機能になくてはならないものです。しかしながら、睡眠を制御する分子機構は今なお解明されていません。私たちの研究室では、生化学・遺伝学・化学生物学的アプローチを駆使して、睡眠覚醒の制御に関わる分子機構の解明を目指しています。私たちは最新の質量分析器を用いて、Sleepy変異マウスと断眠マウスの脳抽出物のプロテオーム・リン酸化プロテオーム解析を行い、恒常性による睡眠制御の分子的基盤の解明につながる新たな知見を得ました。

さらに、恐怖に関する研究も行っています。恐怖は特徴的な生理学的・行動学的反応を引き起こす、原始的な感情です。経験によって獲得される学習性の恐怖とは異なり、本能的な恐怖は生まれつき遺伝子に組み込まれていると考えられます。 私たちはフォワード・ジェネティクスという手法により、ランダムな遺伝子変異を起こしたマウスの中から、本能的な恐怖行動に異常を示すマウスを見つけ出すことに成功しました。仮説に頼らないこうした研究手法により、恐怖に関わる分子機構の解明につながる主要な遺伝子を発見し、ヒトの不安障害の遺伝的背景を明らかにすることを目指しています。

研究室サイト

02 主な論文

Z. Wang, J. Ma, C. Miyoshi, Y. Li, M. Sato, Y. Ogawa, T. Lou, C. Ma, X. Gao, C. Lee, T. Fujiyama, X. Yang, S. Zhou, N. Hotta-Hirashima, D. Klewe- Nebenius, A. Ikkyu, M. Kakizaki, S. Kanno, L. Cao, S. Takahashi, J. Peng, Y. Yu, H. Funato, M. Yanagisawa, Q. Liu, Quantitative phosphoproteomic analysis of the molecular substrates of sleep need. Nature, 558: 435–439 (2018)

Y. Wang, L. Kao, T. Matsuo, K. Wu, G. Asher, L. Tang, T. Sautoh, J. Russell, D. Klewe-Nebenius, L. Wang, S. Soya, E. Hasegawa, Y. Cheérasse, J. Zhou, Y. Li, T. Wang, X. Zhan, C. Miyoshi, Y. Irukayama, J. Cao, J. P. Meeks, L. Gautron, Z. Wang, K. Sakurai, H. Funato, T. Sakurai, M. Yanagisawa, H. Nagase, R. Kobayakawa, K. Kobayakawa, B. Beutler, Q. Liu, Large-scale forward genetics screening identifies Trpa1 as a chemosensor for predator 2 -evoked innate fear behaviors. Nature Communications 9, Article number: 2041 (2018)

Y. Liu, X. Ye, F. Jiang, C. Liang, D. Chen, J. Peng, L.N. Kinch, N.V. Grishin, and Q. Liu. C3PO, an endoribonuclease that promotes RNAi by facilitating RISC activation. Science, 325:750-753 (2009)

03 経歴・受賞歴

Awards

1995 John J. Trentin Award for scholastic excellence Baylor College of Medicine, Houston
2000 Alexander Weng Memorial Award for excellent biomedical research Baylor College of Medicine, Houston
2001-2003 Damon Runyon Postdoctoral Fellowship Damon Runyon Cancer Research Foundation, New York
2004-2008 W. A. “Tex” Moncrief Jr. Scholar in Biomedical Research UT Southwestern Medical Center, Dallas
2005-2007 Damon Runyon Scholar Award Damon Runyon Cancer Research Foundation, New York

Education/Academi

1988-1992 B.S. Biochemistry, Wuhan University, Wuhan, China
1994-2000 Ph.D. Biochemistry, Baylor College of Medicine, Houston, TX
2001-2004 Postdoctoral Fellow at UT Southwestern Medical Center, Dallas, TX.
2004-2010 Assistant Professor at Department of Biochemistry, UT Southwestern Medical Center, Dallas, TX.
2010-現在 Associate Professor at Department of Biochemistry, Department of Neuroscience (Secondary appointment) UT Southwestern Medical Center, Dallas, TX.
2013-現在 Professor at International Institute of Integrative Sleep Medicine (IIIS) University of Tsukuba, Tsukuba, Japan

もっと知りたい!Q&A もっと知りたい!Q&A

なぜ研究を志したのですか?

科学は楽しいし、人々の生活を変えるから。

研究室の「ウリ」はなんですか?

独創的で、インパクトの大きい研究に取り組んでいるところ。

最近ハマっているものは?

なぜ眠るのか?そして、恐怖とは何か?という探究に加えて、読書と旅行も楽しんでいます。