本城 咲季子Sakiko Honjoh

所属:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構

研究テーマ

基礎生物学

眠らないマウスはつくれるか?〜睡眠の理解と制御を目指して〜

01 研究概要

マウスを長時間起こしたままにしておくと、その後の睡眠はいつもより長くなります。脳の活動についても同じような現象が見られ、起きている間に大脳皮質が活発にはたらくと、その後の大脳皮質の眠りはより深くなります。私たちはこの「睡眠/覚醒の恒常性」に関心を持ち、個体の覚醒状況、そして大脳皮質の活動という2つの観点から研究をしています。

睡眠の恒常性制御の仕組みを理解するために、私たちはマウスを長時間覚醒状態に置いた後に睡眠をとらせ、睡眠/覚醒の制御に必須の脳部位で起こった変化を調べる実験を行っています。また、大脳皮質の活動に関しては、私たちは徐波というノンレム睡眠に特徴的な脳波に注目しています。徐波は睡眠要求の最もすぐれた指標であり、睡眠中に起こる記憶の固定化においても重要な役割を果たしていますが、そのような特徴的な波形が形成される神経基盤についてはまだよくわかっていません。現在私たちは視床にあるマトリックス細胞に解明の鍵があるのではないかと考え、徐波形成との関連を調べています。

研究室サイト

02 主な論文

Honjoh S, Sasai S, Schiereck SS, Nagai H, Tononi G, Cirelli C. Regulation of cortical activity and arousal by the matrix cells of the ventromedial thalamic nucleus. Nat Commun. 9, 2100 (2018)

Funk CM, Honjoh S, Rodriguez AV, Cirelli C, Tononi G. Local Slow Waves in Superficial Layers of Primary Cortical Areas during REM Sleep. Curr Biol. 26, 396-403 (2016)

Honjoh S, de Vivo L, Okuno H, Bito H, Tononi G, Cirelli C. Higher Arc Nucleus-to-Cytoplasm Ratio during Sleep in the Superficial Layers of the Mouse Cortex. Front Neural Circuits. 11:60 (2017)

03 経歴

2009 京都大学 大学院生命科学研究科 修了(Ph.D. in Life Science)
2009-2012 京都大学大学院生命科学研究科 博士研究員
2012-2015 ウィスコンシン大学マディソン校 HFSP long-term fellow
2015-2017 ウィスコンシン大学マディソン校 JSPS海外特別研究員
2017 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 助教