柳沢 正史Masashi Yanagisawa

所属:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 機構長

研究テーマ

基礎生物学

睡眠を巡るミステリーの解明~健康睡眠を導く新たな介入法開発を目指して~

01 研究概要

睡眠というありふれた現象は謎に満ちていて、なぜ我々は眠らなければならないのか、そしてそもそも「睡眠」の実体とは何なのか、まったく明らかになっていません。オレキシンという鍵によってナルコレプシーという睡眠障害の扉を開いた先には、睡眠・覚醒を巡る大きなブラックボックスが待っていました。このブラックボックスをこじ開けるため、柳沢/船戸研究室ではフォワード・ジェネティックス、in vivo カルシウムイメージング、多細胞同時記録法、スライスパッチクランプ法等を用いた基礎的研究と、オレキシン受容体を標的とした創薬研究を行っています。最近、フォワード・ジェネティクス研究の進展により睡眠覚醒制御に重要な役割を果たす3つ以上の遺伝子を同定することに成功しました。睡眠の謎を解き、多くの人に還元できる成果が挙げられるよう、日夜実験に取り組んでいます。

研究室サイト
柳沢・船戸研究室メンバー

柳沢・船戸研究室メンバー

02 主な論文

Funato H., Miyoshi C., Fujiyama T., Kanda T., Sato M., Wang Z., Ma J., Nakane S., Tomita J., Ikkyu A., Kakizaki M., Hotta N., Kanno S., Komiya H., Asano F., Honda T., Kim J.S., Harano K., Muramoto H., Yonezawa T., Mizuno S., Miyazaki S., Connor L., Kumar V., Miura I., Suzuki T., Watanabe A., Abe M., Sugiyama F., Takahashi S., Sakimura K., Hayashi Y., Liu Q., Kume K., Wakana S., Takahashi J.S., Yanagisawa M. Forward genetic analysis of sleep in randomly mutagenized mice. Nature 539: 378-383, 2016

Ogawa, Y., Irukayama-Tomobe, Y., Murakoshi, N., Kiyama, M., Ishikawa, Y., Hosokawa, N., Tominaga, H., Uchida, S., Kimura, S., Kanuka, M., Morita, M., Hamada, M., Takahashi, S., Hayashi, Y., Yanagisawa, M. Peripherally administered orexin improves survival of mice with endotoxin shock. eLife DOI: 10.7554/eLife.21055, 2016

Irukayama-Tomobe, Y., Ogawa, Y., Tominaga, H., Ishikawa, Y., Hosokawa, N., Ambai, S., Kawabe, Y., Uchida, S., Nakajima, R., Saitoh, T., Kanda, T., Vogt, K., Sakurai, T., Nagase, H., Yanagisawa, M. A non-peptide orexin type-2 receptor agonist ameliorates narcolepsy-cataplexy symptoms in mouse models. Proc. Natl. Acad. Sci. USA DOI: 10.1073/pnas.1700499114, 2017

03 経歴・受賞歴

1960年東京生まれ。筑波大学医学専門学群・大学院医学研究科博士課程修了。31歳で渡米し、テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授とハワードヒューズ医学研究所研究員を2014年まで24年にわたって併任。2010年に内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)に採択されたことを受けて、母校である筑波大学に研究室を開設。2012年より文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)機構長・教授、現在に至る。米国科学アカデミー正会員。 米国睡眠学会Outstanding Scientific Achievement Award(2006年)、日本心血管内分泌代謝学会高峰譲吉賞(2013年)、米国生理学会 The Walter B. Cannon記念賞(2015年)、紫綬褒章(2016年)など受賞多数。趣味はフルート演奏。

もっと知りたい!Q&A もっと知りたい!Q&A

なぜ研究を志したのですか?

今日の患者ではなく、明日の患者を治したいから

母によると、僕は小学校の1年生のときから将来研究者になりたいと言っていたそうです。当時から変わった子で、近所のきれいな小川に行って、水がどのように流れ、渦をまくのか1時間ぐらいじっと観察していました。今思えば危ないことしていたと思いますが、身の回りにあるいろんなことに興味を持っていました。自然科学が好きだという証拠ですかね。 その後、時は進み、大学では医学部に進学したのですが、卒業のときに生涯で一番大きな決断をしました。「今日の患者ではなく、明日の患者を治したい」と考え、目の前の患者さんを治す臨床医としての訓練をうけず、研究者として基礎研究に専念することを選んだのです。そこから研究の道にまっしぐらですね。

研究室の「ウリ」はなんですか?

自由であること

研究者は「自由」であることが大切であると考えています。だからこそ、誰かに強いられることなく、研究者自身が本当に面白いと思う研究を追求できるような環境づくりを目指しています。なので、学生や研究者の自主性をとても大事にしつつも困った時にはいつでも相談に来られるように、アメリカの多くの教授が実践しているオープンドアポリシーを取り入れています。オフィスのドアが開いている時はいつでも僕に相談に来ていいよ、ということですね。また、主に学生を集めて原著論文の抄読会+夕食会をすることもあり、そこでは研究の話からなんでもない会話まで、いろいろなことを話す場を作り、彼らが自由に、そして楽しく過ごせるように心がけています。

最近ハマっているものは?

クラシック音楽を聴くこと、フルート演奏をすること

小学生のときにピアノを習っていたのですが、真面目にやっていなかったから演奏の腕は全く上がらず。でも教室の先生がすごい人で、小学生にもわかるように和声など音楽の基礎を教えてくれたのです。後にわかったことですが、その先生はピアニストの海老彰子さんのお母さんだったのです! 中学校に進学すると、音大卒でもないし楽器演奏もろくにできないけれどクラシックオタクの音楽の先生に出会いました。彼は自前のステレオを持ってきて授業でひたすらクラシックを流し、僕たちは総譜を追いかけながらその音楽を聞いていました。一般的な授業のように歌の上手いとか下手とかがなく、理論的に音楽を学べたので僕にとっては楽しかったですね。そこからずっとクラシック音楽が好きで、フルート演奏もします。