大石 陽Yo Oishi

所属:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構

研究テーマ

基礎生物学

短眠マウスで探る睡眠の必要性

01 研究概要

 私たちは一生の約3分の1を眠って過ごします。しかしなぜ睡眠が必要なのか、なぜ私たちは眠らずにいられないのかは明らかではありません。生理機能の理解だけでなく、良質な社会生活を目指すという意味でも、睡眠の必要性や制御に関する研究は重要と言えます。

 我々は最近、報酬系による睡眠覚醒メカニズムを調べる過程で、睡眠量が極端に少ないマウスを偶然創り出しました。驚いたことに、このマウスでは眠気マーカーの増大が見られません。つまり、過度な眠気を呈さずに少ない睡眠量で活動可能な、いわゆるショートスリーパーのようなマウスと言えます。我々は、このマウスを含む複数の“短眠”モデルを用いて、短眠が生体に与える影響や、短眠が作られる神経メカニズムを研究し、睡眠の必要性や制御メカニズムの理解に迫ります。

研究室サイト

02 主な論文

Takata Y, Oishi Y*, Zhou XZ, Hasegawa E, Takahashi K, Cherasse Y, Sakurai T, Lazarus M*. Sleep and Wakefulness are controlled by ventral medial midbrain/pons GABAergic neurons in mice. J Neurosci, 38(47):10080-10092, 2018. (*corresponding authors)

Oishi Y, Xu Q, Wang L, Zhang BJ, Takahashi K, Takata Y, Luo YJ, Cherasse Y, Schiffmann SN, de Kerchove d’Exaerde A, Urade Y, Qu WM, Huang ZL, Lazarus M. Slow-wave sleep is controlled by a subset of nucleus accumbens core neurons in mice. Nat Commun, 8(1):734, 2017

Oishi Y, Williams RH, Agostinelli L, Arrigoni E, Fuller PM, Mochizuki T, Saper CB, Scammell TE. Role of the medial prefrontal cortex in cataplexy. J Neurosci, 33(23):9743-51, 2013.

03 経歴・受賞歴

経歴

2009 大阪大学大学院医学系研究科 修了(医学博士)
2009-2010 大阪バイオサイエンス研究所 博士研究員
2010-2012 日本学術振興会 海外特別研究員
2010-2013 米国ハーバード大学
ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター 研究員
2013-2017 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 研究員
2017-現在 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 助教
2018-現在 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 主任研究者

受賞歴

2018年 日本睡眠学会 研究奨励賞(非臨床系論文)
2018年 筑波大学 若手教員奨励賞

もっと知りたい!Q&A もっと知りたい!Q&A

なぜ研究を志したのですか?

性格に合ったから

研究の基本的な手順は、①自ら課題を設定し、②限られた手法の中からベストなアプローチを選択・実行し、③誰も知らなかった答えを見つけることにあります。多くの人は③に喜びを覚えるのではないかと思いますが、どうも私は①と②も楽しめる性格のようで、そのあたりが研究者になった理由の気がします。

PIとしての仕事をする上で心がけていることは?

視野を広く持つ

複雑な生命現象の研究をしていると、多面的な解析によって初めて明らかにできるような思わぬ事実に出くわすことがあります。あまり先入観にとらわれず、物事を大局的にとらえられるように心がけています。

最近ハマっているものは?(趣味も含めて)

小説の大人買い

気に入った作家ができると、その方の著作を大量に買うことがよくあります。発行順に一度に読んでいくと、作品の深みが年々増していく様なども感じられ、唸らされることが多いです。