セミナー情報

IIIS Symposium

link

About IIIS

2016.01.22

心的外傷のケアはタイミングと場所が重要 ~PTSD治療に新たな展望~

心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder、以下PTSD)の治療は、症状が明らかになってからの研究が多く、トラウマ直後のケアについては不明な点が多く残されていました。PTSDの患者は、トラウマ記憶の汎化(はんか)という症状により、長期的に不眠などに悩まされます。

IIISの坂口昌徳准教授らは、PTSDのモデルとなるマウスにおいて、トラウマ直後に記憶の汎化を引き起こしやすい時間帯が存在することを発見しました。さらにこの汎化の条件を詳細に検討した結果、トラウマ直後に慣れ親しんだ場所に置かれると、その場所に特に汎化が起こりやすいことが判明しました。本研究によってトラウマ直後のケアの重要性を示したことで、今後、PTSDの予防と、病態メカニズムの解明に活かされることが期待されます。PTSD患者では一般に睡眠障害が見られ、その記憶との関係が強く示唆されていることから、睡眠と記憶の汎化についてさらに研究を進めています。

2015.1.25 朝日新聞全国版夕刊p.2、 朝日新聞デジタルに掲載されました

プレスリリース(PDFが開きます)

論文へのリンク

>プレスリリースTOPへ

go to top