セミナー情報

IIIS Symposium

link

About IIIS

2015.11.05

目覚めを制御する低分子医薬の発見 ~睡眠疾患の治療に大きな一歩~

IIISの長瀬博と柳沢正史は、世界中で試みられてきたにもかかわらず、これまで全く進展していなかったオレキシン受容体作動薬の創出に、世界で初めて成功しました。この作動薬をマウスに脳室内投与、腹腔内投与した実験により、内因性オレキシンと同等の覚醒効果とナルコレプシー症状の改善を確認しました。この成果は全く新しいナルコレプシー病因治療薬に繋がることが期待されます。

プレスリリース(別ウインドウでPDFが開きます)

論文へのリンク

本論文がJ Med Chemの”Highly Read Article of 2015“に選ばれました。

>プレスリリースTOPへ

go to top