Recruitment

セミナー情報

IIIS Symposium

link

About IIIS

2015.10.23

【ビデオクリップ追加】 夢のスイッチが明らかにする夢を見る理由 ~レム睡眠の意義を初めて科学的に証明~

夢を生み出すレム睡眠はその役割がわかっておらず、脳科学における最大の謎のひとつでした。IIIS若手主任研究者・林悠助教らと理化学研究所脳科学総合研究センター 糸原重美チームリーダーらの共同研究グループは、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えを司る脳部位を発見し、レム睡眠を操作できるトランスジェニックマウスを開発しました。このマウスを用いて解析を行なった結果、レム睡眠には、デルタ波(脳回路の再編成に重要な神経活動)をノンレム睡眠中に誘発する役割があることが判明しました。この作用を介して、レム睡眠が脳の発達や学習に貢献する可能性が明らかとなりました。本研究成果は、2015.10.23にScience誌に発表されました。

プレスリリース(別ウィンドウでPDFファイルが開きます)

論文へのリンク

紹介ビデオ 理研BSIアウトリーチチームのみなさんが作ってくださいました。ありがとうございます!

>プレスリリースTOPへ

go to top