セミナー情報

IIIS Symposium

link

2015.02.09

米カリフォルニア州サンノゼ市で開催されるアメリカ科学振興協会(AAAS)年次大会にて、国際統合睡眠医科学研究機構のブース展示を行ないます(2月13日~15日開催)

 2015

 米カリフォルニア州サンノゼ市で開催されるアメリカ科学振興協会(AAAS)年次大会にて、国際統合睡眠医科学研究機構のブース展示を行ないます


 

2月12日から5日間、サンノゼマケナリーコンベンションセンター(米カリフォルニア州サンノゼ市)にてアメリカ科学振興協会(AAAS)年次大会のが行われます。IIISも、WPIでご一緒している他大学(日本国)の方々と共同でブース展示を行い、2月13日~15日の3日間、サンノゼマケナリーコンベンションセンターの展示ホール425号に出展します。WPIのブースは日本の最先端研究などを紹介します。

 

世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)について

 

世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)は、平成19年度から文部科学省の事業として開始されたもので、システム改革の導入等の自主的な取組を促す支援により、第一線の研究者が是非そこで研究したいと世界から多数集まってくるような、優れた研究環境ときわめて高い研究水準を誇る「目に見える研究拠点」の形成を目指しています。日本学術振興会では文部科学省からの委託により審査・評価・管理業務を行っています。

 

WPI全9拠点:

■ 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)

■ 東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

■ 京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)

■ 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター(IFReC)

■ 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)

■ 九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)

■ 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)

■ 東京工業大学 地球生命研究所(ELSI)

■ 名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)

ページトップへ